ロバート・アレン氏との出会い

ロバート・アレン氏!

アメリカの大富豪です。著作もいっぱいあります。

 

 

 

30名くらいの小セミナーでお会いして、懇親会にも行きました。

ロバート・アレン氏は複数収入を持つべきだと言います。

彼自身は、不動産、ネットビジネス、ネットワークビジネスなど、

いろいろな収入源をお持ちです。大富豪だから当然ですね!

 

彼は意外にもスピリチュアルな人でした。

自分の家が雪崩で倒壊したせいで、担保価値を失って、

一度すべてのビジネスを失ってしまったそうです。

そんな状態から復活した人なので、人格者でもあります。

懇親会で「大富豪は皆あなたのように良い人か?」と聞いてみたところ、

「だいたいは良い人だけど、中には悪魔のような人もいる。」

と言ってました。

 

 

 

 

雑誌が逆さま(笑)

 

 

デスパレートな売り手を探せ!

ここで、彼の不動産で儲けた話を聞きました。

興味ありますよね!

 

それは、売りに出ている不動産のリストを調べて、

相場より何割か安いものを探せ!ということでした。

そして、それを相場価格で売る!

う~ん!なんと単純!

 

かれは「desperate」という言葉を使いました。

Desperate Housewives(デスパレートな妻たち)という

アメリカのTVドラマがはやりました。(僕もはまりましたが…笑)

つまり崖っぷちな売り手を探せ!ということです。

だいたい、1000件に対して1件にそのような割安の物件があるそうです。

 

もし、資金が無かったとしても、投資する人を集めて

自分がコーディネイトすれば良い、ということでした。

 

なるほど!!!

とはいえ、考えてみると、相場に精通していないといけないですね。

日本では、そのような価格で売りに出されるとこは少なく、

表面下で業者が押さえてしまうのではないかと思います。

ロバートが奥さんに学んだネットワークビジネス

そんなロバート・アレン氏が最近力を入れているのがネットワークビジネスです。

きっかけは、奥さんだったそうです。

奥さんがあるネットワークビジネスを始めて、

ロバートのセミナーで宣伝させて欲しい、と言ったそうです。

そうすると、30人くらいの参加者が全員登録したそうです。

奥さんも相当やり手!

 

最初ロバートは、少し馬鹿にして見ていたみたいです。

その当時、彼は2~300名くらいの部下を抱えて、ネット上での

ビジネスに励んでいたそうです。

 

数か月経って、奥さんの収入が数十万円になった時も

「よくやってるね。いい子いい子」ってな感じでいたそうです。

ところが一年以上経ってみると、奥さんの収入が笑えない額に達し、

こりゃ、黙っていられない…ということになって、

それまでやっていたビジネスを売り払い、

今はネットワークビジネス会社のセールス責任重役になっています。

ちょっと笑える話でしたが、

ロバート・アレン氏は面白可笑しく語ってくれました。

 

実は、「金持ち父さん貧乏父さん」で有名な

ロバート・キヨサキ氏もネットワークビジネスについて

☟関連記事もご覧ください

おすすめの記事