糖質制限にあらず!

ケトン体は、脂肪が分解してできるエネルギー源です。

人間のエネルギー源の第一は糖質(ブドウ糖、果糖など)です。

炭水化物(ごはん、パン、パスタなど)を食べると、

すぐに筋肉や脳を動かすエネルギーになります。

ここで余ったエネルギーは脂肪として蓄えられます。

脂肪をケトン体に変えてエネルギーにするのは、

第2のエネルギー源です。

糖質が枯渇すると、人間は脂肪をケトン体に変え始めます。

だから糖質制限すると痩せやすいと思われているのですが、

痩せたと思って、糖質を取り始めると、リバウンドしやすいのです。

 

まずケトン体質にして、

それを習慣化するのがケトン体ダイエットの本質です。

まず、体験結果(61歳8か月~)をお見せします。

 

 

 

 

ケトン体質になるためには!

アメリカの研究では、ケトン体質になる食事基準は

脂質から摂取カロリーの75%を摂ります。

糖質は5%、残りはタンパク質です。

カロリー制限は必要ありません。

ですから、1日2000kcal(事務職)摂取するとして

計算してみると

カロリー〔kcal〕 重さ(g)
全摂取量 2000
脂質 1500 167
タンパク質 400 100
糖質(炭水化物) 100 25

これって、結構大変だと思いませんか?

炭水化物は、ご飯でいうと軽く1膳分です。

炭水化物って、知らず知らずに入っているものです。

例えば、カレールーとか、芋とか、干しブドウとか、

ですから、これらのものはカットします。

カロリーの75%を脂質で摂取するのも

よく考えなければなりません。

良質の脂質を摂らないといけないです。

DHAのサプリばっかり摂って生活できないので、

食品を探しました。

ナッツ類はこの目的に合っていました。

栄養成分表を見てください。

100g当たり くるみ カシューナッツ アーモンド
エネルギー〔kcal〕 654kcal 629kcal 659kcal
脂質(含有量/カロリー比) 65.2g/90% 49.4g/70.1% 55.4g/75.6%
タンパク質(含有量/カロリー比) 15.2g/9% 20.2g/12.8% 25.1g/15.2%
糖質(含有量/カロリー比) 7.0g/4% 26.0g/16.5% 15.1g/9.1%

※出典は商品表示による

これらのナッツを混ぜて、100gくらい摂ると、

ちょうど1食分のカロリーに相当します。

脂身の多い肉はOKです。

但し、カロリー過多にならないように!

バターコーヒーも腹持ちが良くてお勧めです。

人間に必要な栄養!

このようなダイエットをすると、

栄養の偏りが心配ですよね。

脂質、タンパク質、糖質の主栄養素意外に、

ビタミンやミネラルなど微量栄養素が必要です。

人間には90種以上の栄養素が必要だと言われています。

胎盤を作る際にミネラルが重要だと言いました。

そのために、このようなドリンクサプリを飲んでました。

 

 

 

 

 

これは、1日25ccで人間に必要な栄養素を

すべてを摂れるドリンクです。

これのおかげで、健康に体重を減らすことができました。

 

ケトン体ダイエットは、リバウンドが少ないことも

特徴の一つとして、上げられると思います。

その後、少し筋肉をつけるトレーニングを

したので、体重が増えましたが、体形は維持しています。

まじめに取り組もうとする方の

参考になればと思います。

☟漫画なので読みやすい入門書です。

 

 

おすすめの記事