Vortexとは?

引寄せの法則が流行していますが、

エイブラハム(エスター・ヒックスが同調した集合宇宙意識)が元祖です。

 

 

 

 

 

 

 

これを研究してきました!

 

Vortexとは、宇宙のソースエネルギーです。

Vortexに入るとは、この宇宙のソースエネルギーと同調することです。

この中に居ると、望むことが引き寄せられます!

 

と言われても・・・と思いますよね!

 

引寄せの法則は、自分の波動が自分の周りのすべてを引き寄せている

ということです。好ましいことも好ましくないこともです。

なぜ望まないことが引き寄せられるのか?

それは、望まないことに意識が向いているからです。

意識が向くと、そのエネルギーを発することになります。

肯定や否定は単なる言語で、宇宙では通用しません。

 

宇宙には正邪はないのです。正邪は人間が定義したものです。

戦争に対する反対運動は、戦争を無くしません!

なぜなら戦争というものに意識を向けてしまうからです。

戦争を無くしたかったら、平和のイメージをすることです。

 

言葉で理解できても、禅問答のようで、

どうしたらいいかわからないという人も多いでしょう。

 

しかし自分の波動がどんな状態かわからなくても、

人間にはそれをモニタする手段が用意されています。

 

それは感情です。

感情のガイダンスシステム

エイブラハムは感情を22段階に分けています

感情の22段階(1~7) in Vortex
1.喜び/知恵/溢れる活力/自由/愛/感謝
2.情熱
3.興奮/没頭/幸福感
4.ポジティブな期待
5.楽観
6.希望
7.満足
感情の22段階(8~22)Out of Vortex
8.退屈
9.悲観
10.フラストレーション/イライラ/我慢
11.圧迫感
12.落胆
13.疑念
14.心配
15.自責
16.挫折感
17.怒り
18.復讐心
19.憎しみ/激怒
20.嫉妬
21.不安/罪の意識/無価値
22.恐怖/悲嘆/憂鬱/絶望/無能

1~7の感情にいる時はVortexの中です。

宇宙のソースエネルギーは愛のエネルギーなので、

そのエネルギーに近い時には、心地よい感情になります。

その状態から離れれば離れるほど、嫌な感情を感じるのです。

 

そこでVortexの中にできるだけ長く留まることが大事になってきます。

Vortexに留まるためには!

自分の感情をVortexに保つ方法は人さまざまです。

  • 瞑想
  • 運動
  • 散歩
  • 子供と遊ぶ
  • コーヒーを飲む
  • ゲームをする
  • ダンス
  • ヨガ
  • アファーメーション
  • 自分に話しかける
  • 思索する
  • イメージする
  • ビジョンを作る
  • ・・・

と人さまざま、いろいろな方法があります。

ポイントはこれらのことをやって、気分が良くなることです。

例えば、運動もやらされ感や義務感でやると我慢につながり

Vortexの外に出てしまいます。

 

次話から、感情構造とVortexに留まるための

ワークについてご紹介します。

 

おすすめの記事