炎の儀式!

ガンジス川の夕暮れ!奇麗でした。

ヨガフェスティバルの期間、

日没時からガンジス川の岸辺で炎の儀式が行われます。

この儀式に、毎日参加したのですが、予期せぬ変化が私に起こりました。

怖かったインド人!

実は、入国以来インド人が怖いと思っていました。

別にインド人に何かをされたということではないのです。

感覚的にビビっていました…

 

インドというと、サイババブームがあったり

 

 

 

 

 

 

アガスティアの葉という前世から来世までの個人的情報が

記載されている記録が有名になったりしました。

青山 圭秀氏の三部作を読んでインドに思いを馳せた時期もありました。

 

 

 

 

 

 

 

また、Crazy Tour in India1 でお話ししたように

透視能力者に前世でのインド人の人生を指摘されて

ますます興味があった国です。

でも実際に来てみると、インド人が怖く感じました。

なぜだろう…と思っていました。

 

しかし、この炎の儀式に出て3日目に謎が解けました。

前世の思いからの解放!

炎の儀式の最中に、あるビジョンと直感がやってきました!

前世でインドに生きていた時のこと…

同胞(つまりインド人)に騙されて、鬱になっていたのでした!

このことから人間不信になりました。

この体験がビジョン、もしくはエネルギーとして

今世にも影響していたのですね!

 

この体験の後、すっきりしました。

インド人も怖くなくなり、仲良くなりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生の体験の意味は多層的なものだと思うのです。

会社を辞めてインドに来たのも、

過去の解放がこの時期になされると…という意味が一つあったのです。

おすすめの記事