OH Crazy!

インドには一度生きたいと思ってました。

「前世インドに住んでました。苦労したね。」

と言われたからです。

言われたのは、レバナ・シェル・ブドラという透視能力者です。

しかし、直感があったのでしょうか?

自分でも行きたいと思ってました。

 

そして、その機会がやってきました。

 

 

 

 

 

 

きっかけは、この赤毛のアメリカのおばちゃん!

Janet Attwood女史!

パッションテストの創始者です。

実は私、パッションテストファシリテーター&ナショナルディレクターなんです。

Janet女史は、マハリシ(TM瞑想の創始者)に師事し、

インドの多数の聖人にインタビューして、DVDも刊行しています。

その時の縁でヨギ(ヨガの達人)として認められているのです。

Janetに誘われて、悩みました。

なぜなら、3週間のツアーなのですが、その時会社勤めをしていたからです。

その時私は57歳でした。もうすぐ1月で58歳になります。

ツアーは3月です。

結局私は、早期退職制度を利用して、1月で退職!インドツアーに臨みました。

インド入国!

インドに行くにはビザが必要です。

そこで、インド領事館に行きました。

怖い顔(なんとなくインド人の顔は怖く感じます…

理由はインドに行って分かりました)の女性の係官にびくびくしながら書類を渡しました。

ビザは小一時間で発給され、インドに行く準備は整いました。

 

日本からインド(バンガルール)までシンガポール経由で11時間

ワクワクしながら飛行機に乗りました。

そしてインド入国。しかしイミグレで私だけ凄く時間が掛かりました。

コンピュータの反応が遅かったのか?

イミグレを通るのに20分ほどかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

ドキドキしましたが、無事に入国できました。

なぜドキドキしたかというと、青山 圭秀氏の本を読んでたので、

インドのちょっとした問題も理解していたからです。

バンガルール!

バンガルールでは、最高級ホテルに宿泊しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、シバ神の神殿にも行きました。

 

 

 

 

 

 

子供にカメラを向けると…笑

 

 

 

この神殿では浄化の儀式をしてもらいました。

そしてパンディット(博学者)による本格的なヤギャ(儀式)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、すっかり浄化され、いざリシュケシュに向かいます。

リシュケシュはヨガの発祥の地でヨガフェスティバルが行われます。

以下次話

おすすめの記事